2014年12月16日火曜日

マイ・スウィート・スウィート・ホーム

 本日の西宮市は冷たい雨のお天気です。学生の皆さんは少し寒そうにキャンパス内を歩いています。学内には様々な演劇サークルの公演の立て看板がたっています。そろそろ引退公演の時期のようです。
 
さて、演劇と言えば、文学部の東浦弘樹教授が自ら執筆され、ご出演されるお芝居『マイ・スウィート・スウィート・ホーム』が12月20日(土)、21日(日)に大阪・長堀橋の船場サザンシアターで上演されます。東浦先生は教壇にたたれながら、2012年兵庫県立ピッコロ演劇学校本科をご卒業。2013年同演劇学校研究科に入学され、現在に至るまで精力的に活動されています。

 『マイ・スウィート・スウィート・ホーム』のあらすじは、「結婚19年目の中年夫婦のマンション― 夫婦喧嘩の挙げ句、妻の洋子が寝室に閉じこもってしまう。夫には妻がなぜ怒っているのかさっぱりわからない。ちょうどそこへ夫婦の古い友人、田中がやってくる。田中は時間をさかのぼって洋子が怒っている原因を考えることを提案。舞台で男と洋子の出会いや最初のデートが再現される。妻の精神的危機が明らかになるにつれて、3人はそれぞれそれまで決して口にすることのなかった心の内を語り始める・・・」とのこと。

東浦先生は、「今の生活にとりたてて不満があるわけではないが、自分の人生はこれでよかったのか、別の人生もありえたのではないかという不安、人生の節目に誰にでも訪れうる精神的危機をこのお芝居で描きたいと思っています。 『いい年』をした男女が必死になってばかなことをしている或る意味みっともない姿に人間の悲しさと、その奥に潜む真実も示したいですし、恋は若者だけのものではない、中年や熟年の男女も若者と同じようにひとを愛するし、また愛されたいと願うものだということも示したいです」と話されています。

 公演の詳細等は下記のサイトでご覧いただけます!(むら)

http://mawarimichi.digiweb.jp/yori02.html

2014年12月8日月曜日

どんぐり


里山でどんぐりを見つけた。
子供のとき、どんぐりは身近な遊び道具だった。たくさん拾ってくる子は仲間うちで尊敬された。
  
みんなで爪楊枝を削ってどんぐりに突き刺し、やじろべえを作る。それだけで日が暮れるまで遊んだ。腕のバランスをどう取るか。足はどうする。ああでもないこうでもないと子供なりにカンカンガクガク、たまにケンカにもなった。

こちらで言い争っている間に黙々と上手なやじろべえを作る子もいれば、大口をたたく割りに下手くそなものしか作れない子もいる。器用さ以上に要領のよしあしとか、説明力のある無しとかが、そのまま仲間うちの序列に結びつくあたり、子供の世界も結構おとな社会の縮図だったなあ、と今にして思う。

バーベキューサイトで10組ぐらいの家族が誕生会をしていた。ママたちのテーブルはにぎやかに話がはずんでいたが、子供たちのテーブルはと目をやると、これがシーン! 全員うつむいてゲーム機をいじったまま。子供の声は最後までひとことも聞こえなかった。
そのまま誕生会は終わり、ママたちは「楽しかったわね」と笑顔を残し、それぞれ子供の手を引いて散って行った。
なんか、ふしぎ。
                ◇
 上ケ原キャンパスの木立を歩いた。
 どんぐりを見かけなかった。秋が抜け落ちたみたい。
 なんか、寂しい。(の)

2014年12月1日月曜日

上ケ原で冬の献血週間がスタート!


 12月になり、学内はクリスマスムードになってきました。今日から各キャンパスでは、クリスマスツリーが点灯します。ぜひ見に来てください。
 そんな関学大の西宮上ケ原キャンパスでは、宗教総部の献血実行委員会が12月1日から5日まで、冬の献血週間を実施しています。中央芝生の横では献血カーが駐車し、サンタクロースの衣装に変身した委員長の能瀬美月さん(神学部3年生)や赤いエプロンをした部員たちが一生懸命献血の呼びかけをしていました。
今回の献血週間は、協力者にうれしいことがあります。なんと関学大生協で使用できる100円券がもらえるのです。献血実行委員会と関学大生協がコラボした初の試みです。他にも特典がいっぱい。
能瀬さんたちのパワーが届いたのか、午前中に降っていた雨はやみ、午後からは晴れになりました。部員のみなさんには、頑張って欲しいですね!

さて、関学の献血活動がすごいのはご存知でしょうか。
約50年の歴史を持ち、学内献血受付者数が2013年に10万人を突破。日本の大学でダントツの数を誇っています。能瀬さんは「献血は身近にできるボランティアです。現在、全国的に若者の献血者数が減っています。だからこそ、関学大で献血をやる意味は大きいです。ご協力よろしくお願いします!」と笑顔で話してくれました。

 興味がある方は、気軽に中央芝生横の受付まで!関学大から献血の輪を広げましょう!(MATSUHIRO)





献血実行委員会フェイスブック