2014年7月29日火曜日

気分はまるで街中ランチ

セミが一生懸命鳴いています!夏ですね。7月中旬から始まった春学期の定期試験は今日でひと段落します。学生のみなさんは最後まで頑張ってください。


9月22日の秋学期開始から西宮聖和キャンパスの食堂「マナホール」のメニューがリニューアルします。昨日、その試食会が聖和寮で開催され、一足先に寮生がメニューの一部を楽しみました。チキン、ハンバーグ、パスタ、魚、サラダ、デザートなど多様なメニューを味わった寮生らは「具だくさんでおいしい!」「バランスよく食べられてうれしい!健康的!」「日替わりが多くて飽きることがなさそう!」「デザートもあって最高!」など笑顔で話してくれました。みんなリニューアルが待ち遠しいようです。



では、ここでリニューアルのポイントをご紹介しましょう。
ポイント1「トレンドを取り入れセンスアップ」。学食をメニューからおしゃれにするため、女子学生のニーズを意識したカフェランチなど、トレンドを取り入れたおしゃれな新メニューが続々登場します。目玉の日替わりプレートは、お肉のソテー、ハンバーグ、ムニエルなどのメイン、メインに合わせたライスとスープ、プレートが映える彩り豊かなサラダ、栄養満点の小鉢がついて420円。丼、パスタ、小鉢など様々なジャンルも日替わりや週替わりで提供され、テイクアウトも販売予定です。
ポイント2「ヘルシー&ビューティー」。有意義な学生生活に「健康」は欠かせませんし、「美」は健康があってこそ。それらを意識して食を選ぶことは大切ですが、「食べたいメニューが実は健康と美容にもよかった」となるような魅力的なメニューが提供されます。特に栄養満点の具だくさんスープがオススメ。アラカルトも充実しています。
ポイント3「学生に身近で楽しいメニュー」。毎日利用するからこそ、学生にとって身近で親しみのある空間であるように、学生の好奇心を刺激するお楽しみメニューや「あっ!」と驚く楽しいイベントも実施されます。
もちろんオムライスやカレーライスなどこれまでの人気メニューは、定番メニューとして用意されます。

街中でのおしゃれなランチが、キャンパス内で満喫できる!
他キャンパスの学生さんや一般の方も大歓迎です。秋学期開始のリニューアルが楽しみですね。(MATSUHIRO)

2014年7月19日土曜日

理工学部新棟の工事が進行中!~神戸三田キャンパス~

 関西学院大学は20154月、理工学部に新学科を開設する予定です。
 
 新たに設置される学科は「先進エネルギーナノ工学科」、「環境・応用化学科」、「生命医化学科」の3学科。現代社会が抱える課題に挑戦する3学科です。

 この3学科の研究室などが入る予定のⅦ号館(神戸三田キャンパス)の工事が着々と進んでいます。新棟の完成は来年月末を予定しています。

 
 来春入学する一期生にはこの新棟で充実した学生生活を送ってほしいですね。(とらぼるた)