2014年3月31日月曜日

広報室ブログ4年目に突入します!

今日の桜
 今年度も残すところあとわずかとなりました。今日3月31日は広報室ブログの『誕生日』でもあります。


 広報室ブログは2011331日からスタートし、今日で丸3年を迎えます。そもそもこのブログはホームページや広報誌などには載せきれない広報室員の思い、日々の出来事やニュースを取り上げるツールを作りたいとスタートしました。
 広報室メンバーが書く記事の内容はさまざまですが「関学の魅力をより多くの人に知ってもらいたい」という思いは共通しています。

週末に西宮上ケ原キャンパスの桜は一気に花開き、見頃を迎えています。明日はいよいよ大学、大学院の入学式。新たな2014年度に向け、関学広報室はさらにパワーアップしてみなさまへさまざまなニュースをお届けしたいと思います!

2014年度も素晴らしい一年となりますよう、広報室ブログともども、どうぞよろしくお願い申し上げます。(いの)

2014年3月28日金曜日

関学生が「スタジオキイチ」と革小物の新商品を共同開発!

 キャンパス内を歩いているとよくおしゃれな学生さんを見かけます。おしゃれに興味のある学生さんが多いのだな、と感じます。

素敵な商品がたくさん!!
 そんな学生さんたちの中でも特におしゃれに関心の高い皆さんが集まって結成した学生団体「KGport(ケージーポート)」。KGportのメンバーの皆さんは神戸発祥のブランドとコラボレーションして商品を開発したいと、神戸元町の「スタジオキイチ」に新商品の共同開発を働きかけました。代表の斉藤 菖さん(人間福祉学部2年生)は以前、スタジオキイチの商品を購入したことがあったそうです。

 KGportのメンバーは革を発注するところから携わり、革の色を選んだり、KGportのロゴマークを商品に入れたりするなど、様々なアイデアを出し、ブックカバーや名刺入れ、財布など、10種類をスタジオキイチと共同開発しました!

左から末富さんと加藤さんです
KGportがスタジオキイチと開発した商品は3月31日(月)まで西宮阪急の4Fの催事場(上りエスカレーター前 メンズステージ催事場)でも実際に購入することができます。私も足を運び、商品を手に取ってみました!とても素敵な商品ばかりでしたよ!

 31日までの間、午前10時から午後8時まで、西宮阪急の営業時間中、出店されているそうですが、午後2時から午後8時までの間はKGportのメンバーも実際に売り場に立って販売をするそうです!私が訪れた時は加藤麻美さん(人間福祉学部2年)と末富真麻さん(人間福祉学部2年)がいらっしゃいました。「多くの方に私たちが開発した商品のことを知ってもらいたいです!」と話していらっしゃいました。

 KGportの皆さんもそうですが、思いをかたちにしたい、そして実際にそれをかたちにする学生さんたちはすごいなあとつくづく感じました。なんだか元気をもらいましたよ!(むら)

2014年3月26日水曜日

サイエンスカフェ伊丹

会場の様子
3月22日(土)に開催された「サイエンスカフェ伊丹」(主催・サイエンスカフェ伊丹、共催:伊丹市教育委員会ほか)に参加しました。

「サイエンスカフェ伊丹」とは、科学者と市民が飲み物を片手にサイエンスについて語り合う場。難しい科学の世界について、登壇する科学者を通じ研究成果や知識を楽しむことを目的としている催しです。さまざまな大学および研究所の研究者が登壇し、市民と交流しています。

今回登壇したのは関由行理工学部・専任講師。「生まれ? それとも育ち?―遺伝子の付箋紙エピゲノム」をテーマに講演。
「妊娠中の母親の栄養状態やストレスが胎児や生まれた直後の子に与える影響は大きい。また、最近の研究では父親の食生活も子に影響を及ぼすことがわかってきました」などと、パワーポイントと映像を使って丁寧に説明。また、「人間にはストレスの反応を抑える遺伝子があります。この遺伝子が働くか否かは、生まれた直後の親の愛情によって決まりますので、子どもが育つ環境はとても重要。親だけではなく、保育園や幼稚園の教育も子どもの環境に影響を与えます。日本はお金をかけて、保育士さんたちの環境を改善し、質をあげるべきだと思います」などと話ました。

私は文理問わず、多様な講演会やセミナーに参加するのですが、今回のように登壇者への質問が尽きることなく飛び交う催しに参加したのは初めてでした。先生の話に熱心に耳を傾け、ノートをとる向学心に富んだ60~70代の聴衆のみなさんにも感服しました。
私も年を重ねても向学心を忘れないよう、心がけたいです。

 (とらぼるた)

2014年3月25日火曜日

最近のキャンパス

春ですね。関西学院大学では3月18日に卒業式が行われ、4月1、2日には入学式が予定されています。

さてそんな3月下旬のキャンパス内は、いったいどんな様子なのでしょうか?今日はこの時期のキャンパスをのぞいてみます。

中央芝生では近所の子どもたちが元気いっぱいで遊び、春らしい服装の学生らもゆっくり会話を楽しんでいます。楽器の練習をする学生もたくさんいます。
新学生会館の周辺では、クラブ活動に励む学生の姿がたくさん見られます。動くと暑いくらいで、半袖でトレーニングする学生もいました。春のシーズンもそろそろ開幕です。期待しましょう!
キャンパス内には、スーツ姿の就活生も見受けられます。夢に向かって頑張って欲しいです。



そしてこの時期、学生が新学期のために一生懸命取り組んでいることがあります。大学を卒業した人は誰もが経験したことです。何だと思いますか?

それは履修科目を考えることです!3月下旬の風物詩の一つですね。みんな時間割を見て、真剣に考えていました。友人と相談しながら考えている学生も多く、新学期が待ち遠しい様子でした。

2014年度もたくさん学んで、たくさん楽しんでもらいましょう。(MATSUHIRO)

2014年3月5日水曜日

今年もやります。学園花通りの「開花から葉桜まで」。

3月となり、だんだんと春の気配を感じるようになってきました。西宮上ケ原キャンパス近隣の甲東梅林の梅は先日見頃となり、多くの方が見物に訪れられていました。

 梅の見頃が終わってしばらくすると桜のシーズンとなりますが、ことしの兵庫県(神戸市)のソメイヨシノの開花予想日は3月29日で、予想満開日は4月5日とのことです。昨年は非常に開花が早く、入学式を迎えた4月1日にはキャンパス内、そして、隣接する学園花通りは満開となっていましたが、今年はそれよりは少々ゆっくり目に満開となるようです。

 
昨年、関西学院大学公式Facebook上で、学園花通りの桜が開花してから葉桜となるまで、ほぼ毎日、写真を掲載させていただいたところ、好評をいただきましたので、今年も同様に掲載をさせていただこうと考えています。桜が開花している間はいいお天気が続くように祈るばかりです。(むら)