2012年7月26日木曜日

迷彩の施された時計台


 写真は1945年頃の時計台。時計台が迷彩色に塗られている。どうやら時計台だけではなく、各校舎も迷彩が施されていたようだ。
 昭和天皇の玉音放送が1945年8月15日の正午に全国に流され、関学においても神崎院長が学生生徒を集めて敗戦を伝えた。しかし、学徒出陣と勤労動員のため、少数の学生しか集まらなかったそうである。
 戦争に駆り出されて犠牲となったのは、学院全体で218人。
 塗られた時計台の写真を見るたびに、暑い夏が来るたびに平和の尊さを真剣に考えたくなる。(しろくま)

(参考引用文献)
学校法人関西学院,1989,『関西学院の100年』p.102
学校法人関西学院,2011,『輝く自由 関西学院 その精神と理想 The Spirit of Kwansei Gakuinp.14http://www.kwansei.ac.jp/kikaku/kikaku_004435.html


2012年7月25日水曜日

新しいバックボード

 本日、広報室に新しいバックボードが到着しました。写真をご覧ください。
 記者会見や入試説明会等で使用する予定です。高さ2,25m、横は3mになっています。
 このバックボードは、今後何年も活躍してくれるでしょう。

 話は変わりますが本日、94回全国高校野球選手権大会兵庫大会の準々決勝が、明石トーカロ球場で行われ、関西学院高等部は尼崎双星・尼崎産・尼崎東高校に3-0で勝利し、ベスト4に進出しました。暑さを吹き飛ばすくらい、ハツラツとしたプレーを今後も期待したいと思います。甲子園まであと2勝!頑張れ関学高等部!
その時は、バックボードも大活躍してくれるでしょう。(MATSUHIRO

2012年7月24日火曜日

夏休みも続く震災復興支援


関西学院大学では、学生たちがさまざまな形で東日本大震災の復興支援活動に携わっており、今夏も多くの関学生が震災復興支援のための活動に従事する予定です。

8月11日からは、関西学院ヒューマンサービスセンター 災害復興支援『共働プラットホーム』のメンバーらが主催し、毎週土曜日、5回にわたって西宮上ケ原キャンパスからボランティアバスを宮城県へ出発させる予定です。
絆プロジェクトのポスター
このボランティアに参加する関学生らは、8つのプロジェクトに分かれ、被災地での瓦礫除去作業や仮設住宅で暮らす人々との交流プログラムなどに取り組む予定。現在ボランティアに参加する学生を募集しているそうなので、興味のある方は共同PWEBサイト(http://kyoudou-p.jimdo.com/復興支援ボランティア募集/あいのりバス夏号/)をご覧ください。

応援メッセージをつけた義援金を被災地へ届けている「Heart on Coin絆プロジェクト」の学生らも、引き続き義援金を呼びかけています。
このプロジェクトでは、これまでに世界各国から460万円を超える義援金と約500通の応援メッセージを集め、被災地の小学校などへ届けています。
現在このプロジェクトも運営するメンバーを募集しているそうです。興味のある学生さんはぜひ絆プロジェクトのWEBサイト(http://aicat.org/heartoncoin/)をチェックしてみてください。

このほか、夏休みに福島の子どもたちを招くイベントや九州北部豪雨災害の被災地に対してタオルを送る物資支援活動に取り組む学生もいます。

いずれのプロジェクトも学生有志が中心となって取り組んでいます。被災地への継続的な支援が求められているなか、多くの関学生が積極的に行動しています。
長い夏休みを有意義に過ごすために、このようなボランティア活動に参加してみてはいかがでしょうか。(いの)

2012年7月23日月曜日

私のお気に入り。


山本周五郎賞を受賞され、先だって発表された直木賞の候補作にもなった文学部の卒業生でいらっしゃる原田マハさんの「楽園のカンヴァス」を読了しました。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の男性学芸員と日本人女性の研究者がある絵を巡り「対決」をする話なのですが、読み終わるのが惜しいと思うほど素晴らしい内容でした。原田さんが今後発表される作品も本当に楽しみです!

さて、読書といえば秋というイメージもあるかもしれませんが、学生の頃、一人暮らしをしていたマンションの近くにある神社の大きな森の木陰で(時々蚊に刺されていましたが・・・)、夏の午前中に本を読むことが大好きでした。社会に出てからはなかなかそんな時間をとることができないのですが、取材などで各キャンパス内を歩いている際に通りがかると、「ここで本を読みたい!」といつも思う場所があります。

西宮上ケ原キャンパス内の新月池西側の木陰のベンチで!

神戸三田キャンパスのセントラルガーデンの木陰で!

西宮聖和キャンパスの聖和の森で!
  
いつかまだ暑くない午前中を読んでみたいと思います(熱中症には気をつけながら・・・)。

ここは読書にお勧め!という所があれば是非私に教えてください!(ジョルジュ)

2012年7月21日土曜日

アメリカの犬

 遠い昔、中学で初めて英語を習ったとき、先生がこう言った。「いいか君たち、アメリカの文化は日本よりはるかに進んでるんだ。たとえば・・・」とチョークを取って、アメリカの犬はバウワウと鳴く、猫はミューミューと鳴く、ニワトリはちょっと言えないほどケッタイな声で鳴く、と鳴き声のスペルを黒板に書いた。
 わたしはポカーンと聞いていた。「アメリカの犬はバウワウと鳴く」という知識は、世界を知らない少年には衝撃的だった。
 学校から帰って、我が家の駄犬イノキチの頭をたたいたら「ワン」とないた。文化が低いぞとしげしげ顔を眺めたら、恥ずかしいのかまた「ワン」と鳴いた。
                 
 長じてアメリカに住み、お隣の犬の声を聞いたらワンワンと鳴いている。
 ありぃー、イノキチと同じではないか。近所のペルシャ猫はニャーニャーと鳴いている。我が家の三毛猫マルコと同じやん。アメリカの動物園でニワトリの声も確かめたが、しっかりコケコッコーと叫んでいた。
                 ◇
 こんな話を思い出したのは、iPS細胞をつくった京大の山中伸弥さんの講演を聴いたからだ。山中さんは「アメリカの研究者が、アメリカの犬はワンと鳴くという論文を発表すると、日本の研究者も実験して、日本の犬もやはりワンと鳴いたという論文を書き、同じ結果に安心する」というたとえ話をした。講演の趣旨は、パイオニア研究者たるもの同じ結果に満足してはいけないよ、という警句の方にあるのだが、わたしは趣旨とまったく関係のない「アメリカの犬はワンと鳴く」という山中さんの話の振りに、時の流れを感じた。
 いまどきの学生さんに「アメリカの犬はバウワウと・・・」なんて言うと、笑われるだろうか。(の)

2012年7月20日金曜日

紀伊国屋新宿南店で関学のアエラムック販売中

先日ご案内していた紀伊国屋新宿南店のアエラムック大学シリーズフェアが本日、7月20日(金)から開催されています。
新宿南店2階カウンター前に『関西学院大学 by AERA』が目立っていますね。


まだ、関学アエラ本をご覧になっていない方はぜひこの機会にお買い求めください!


今回、関学からはイギリス経済思想史を専門にしている井上琢智学長が推薦する書籍も並んで販売されています。経済本から関学出身者の作品まで、暑い夏に読書も良いかもしれませんよ。

学長お勧め本はこちら。
『萩原延壽集』 荻原延壽著
『自由論』 I.バーリン著
『古典から読み解く経済思想史』)経済学史学会編
『アダム・スミス-『道徳感情論』と『国富論』の世界』 堂目卓生著
『国際連合の基礎知識』(改訂版) 八森充訳
『総合商社の歴史』 大森一宏・大島久幸・木山実編著

『阪急電車』 有川浩著
『楽園のカアンヴァス』 原田マハ著(関学OG、山本周五郎賞受賞作品)
『絶対音感』 最相葉月著(関学OG、小学館ノンフィクション対象受賞作品)


2012年7月13日金曜日

時計台の時計の中


 時計台が竣工した1929年当時、時計はまだ取り付けられておらず、「針のない時計台」と言われていました。4年後の1933年に学生会が電気時計を寄贈し、ようやく時を刻むようになったのです。(しろくま)

2012年7月12日木曜日

上ケ原に鉄道模型が大集合

関学の夏の恒例企画となりつつある「上ケ原レールフェア」が今年も7月25日(水)~27日(金)の期間、関学会館で開催されます。鉄道に興味のある方、小さい頃に鉄道に夢中になったことがある方、お子様連れの方、ぜひご来場ください。

日本ではめったにみることの出来ない大型鉄道模型など合計250両が、汽笛をならしながら走る姿はまさに圧巻です。昨年は4000人以上の来場がありました。(様子は下記リンクから確認できますのでぜひご覧くださいね)

これらの鉄道模型は関学OBの芝池いわお氏が個人的に集められてきたものが中心です。コレクションを一人で楽しむだけでなく、他の人にも見てもらって一緒に楽しんでもらえればという思いで協力いただいています。芝池さんは関学だけでなく、各地でもレールフェアを開催しており、ジャズバンドなどとのコラボレーションも実施するなど、新たな鉄道模型の楽しみ方も模索されていらっしゃいます。

クリックすると、鉄道模型の世界を楽しめます!
http://youtu.be/AT-0ziS7ADk

2012年7月10日火曜日

梅雨の中休み

今日の中央芝生。この時期は特に緑がきれいです。
梅雨の中休み。長い雨が続いたあとの晴天は、いつも以上に気持ちがいいものです。

 大学では来週から定期試験が始まります。試験勉強に疲れたら、ちょっと外に出て気分転換を。関学キャンパスの緑がきっと癒してくれるはずです。

学生のみなさん、ファイト!! (いの)

2012年7月9日月曜日

メッセージポスター


 西宮上ケ原キャンパスではセミが鳴き始めました。日に日に夏を感じています。

本日から各キャンパス内に、学生に向けたメッセージを記載したポスターを掲示しています。メッセージは24種類のキャッチコピーから構成され、入学式の際に掲出したものと合わせて、今回で合計40のメッセージを掲出しています。2014年に関西学院が創立125周年を迎えることを受け、合計125となるようにメッセージを今後も発信していく予定をしています。


BIG-MAMA前のポスター

私は、西宮上ケ原キャンパスの食堂「BIGMAMA」前に、ポスターを掲示しました。一つ一つは簡単なメッセージですが、いろいろと考えさせられたり、思い出のシーンがよみがえったりして、読むたびに楽しめます。メッセージの感じ方が、人それぞれで違うのも、おもしろいです。(MATSUHIRO




 メッセージは末尾のリンクからfacebookの写真アルバムで紹介しています。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.494683333879295.127117.167710839909881&type=1

2012年7月6日金曜日

3大がっかり

 旅は当たり外れがある。現地に行って初めて、見ると聞くでは大違いとのけぞっても、これまた旅の味わいと諦めるしかない。
 そののけぞり頻度が多くなると、「世界3大がっかり」という伝説に生まれ変わる。
わたしの体験から同感する3大がっかりは、これ。

1.デンマークの人魚姫・・・ありふれた岸壁の波打ち際に石を積み上げ、何の変哲もない像が乗ってるだけ。遠景は情緒のないドックヤード。記念写真を撮って30秒で、はいおしまい。

2.ベルギーの小便小僧・・・どう見ても街角のちゃっちい水のみ場。これで世界中から観光客を集めるのはアコギではないか。日本の笠こ地蔵のほうがよっぽどかわいい。

3.ライン川のローレライ・・・川下りは音楽が流れるだけ。ならばと周辺を車で走っても案内板がなく、気がついたら必ず通り過ぎているという「狐につままれスポット」の代表格。

 これ以外には、シンガポールのマーライオン(美的センスがない)、ローマのスペイン階段(オードリーしか似合わない)、高知のはりまや橋(焼肉屋の入り口か)、東京の日本橋(高速道路を取り壊せ)が、がっくり予備軍に加わる。
 
 みなさんの「がっくりスポット」、どこですか。(の)

2012年7月5日木曜日

二つの破片からのメッセージ。

以前、広報室が運営しているFacebook内に時計台のエンブレムについての話を掲載いたしましたが(その内容の詳細は下記の*印の記述をご参考ください)、その際ご紹介させていただいた戦前に取り壊されてしまった「MASTERY FOR SERVICE」の石製エンブレムの破片の写真をご紹介します。

「MAS」と刻まれた破片は縦14cm、横34cm、重さが7.2キロで、もう一つの商神マーキュリーが描かれた破片は縦40cm、横22cm、重さ6.4キロです。私は実際に見たことがあるのですが、思っていたよりも大きいと感じました。そしてかなり重そうにも見えました。鳥取へと向かっていた高田さんは物理的な破片の重さだけでなく、他の重みもこの二つの破片を背中に背負っているときに感じられていたのではないかと、私は思います。
戦争のない、平和な世界が本当に来て欲しいと切に願います。この二つの破片もそう訴えているのではないかと私は感じます。(ジョルジュ)

*時計台のエンブレムについて(以前Facebookに掲載した内容です)

 1937(昭和12)年に日中戦争が勃発し、戦渦がますます激しくなった頃、白く美しい時計台は黒く迷彩が施され、スクールモットー「MASTERY FOR SERVICE」の石製エンブレムが敵国の言語を使用しているという理由で取り壊されてしまいました。
 その細かく砕かれてしまったエンブレムの破片二つをひそかに持ち去った学生がいました。当時商経学部の学生だった高田十郎さんです。高田さんはエンブレムの破片をご自身の洗濯物に巻き込んでリュックサックに入れ、実家がある鳥取へと向かう汽車に乗り込みました。
 戦後44年たった1989(平成元)年、エンブレムの破片は、高田さんのご子息から関西学院に返還されました。残念ながら高田さんは1980(昭和55)年にお亡くなりになられましたが、ご子息のお話によると、亡くなられる直前までスクールモットー「MASTERY FOR SERVICE」を大切に想い続けておられたようです。 高田さんがお持ちになっていた二つの破片は、学問への弾圧を許さない決意の品として、今も関西学院内で大切に保管されており、静かに、しかし力強くメッセージを伝え続けています。

2012年7月2日月曜日

広報室、今日この頃

広報室はこの4月、新室長と新人職員を迎え、文字通り新体制に移行しました。3ケ月が過ぎ、室員間の信頼関係も新たに構築されつつあります。一方で、広報業務はこれまで以上にスピードアップして動き始めています。ブログ、ツイッター、フェイスブックによる情報発信はもちろん、海外への発信にも着手し始めています。

2年後の2014年に関学は125周年を迎えます。在学生はじめ世界各地で活躍する同窓生、教職員がこころをひとつにして、今ある関西学院を誇りに思えるよう、広報室はオールKGの雰囲気作りに貢献していきたいと思います。(グルーシェンカ)