2012年4月27日金曜日

家業を継ぐ?継がない?

先日、大学の授業の取材に行ってきました。

一見、普通の授業なのですが、ちょっと変わっているのは、受講生は“家族・親族が家業を営んでいる学生”ということ。そして講師も、家業を継いだ2代目・3代目の若手社長たち。

「父親の体調不良で急遽、家業を継ぐことになった。経営を立て直そうと改革を試みるも、社員全員が年上で、相手にされない・・・」。大阪市にある製造業の社長が話しだすと学生は熱心にメモをとりだし、「どうやって社員との信頼関係を築いていったのか」「家業を継ぐことで家族間にトラブルは起きない?」など質問が相次ぎました。

これは関西学院大学の全学部対象の連携講座「家業と向き合う3ヶ月『現役経営者と学ぶ後継者のためのキャリアデザイン』」の一場面。
昨年、初めて開講し、一般学生約100人が受講しました。今年は、より実践的な内容に改められ、“家族・親族が家業を営んでいる学生”たちが自身の家業をテーマにしたグループワークなども行います。

担当するのは本学の卒業生でもあり、中小企業を支援する大阪産業創造館のチーフプロデューサーを務める山野千枝・関西学院大学非常勤講師。
帝国データバンクの調査によると国内企業の約66%が後継者不在という問題を抱えており、国内産業が衰退する中、技術力や競争力のある企業の事業承継は今後の日本経済を支える上でも大きな課題となっています。山野先生は「大学生の頃から経営者マインドを学び、事業承継を契機とした経営イノベーションを学ぶことは、広い意味で産業・地域経済の活性化にもつながる」と期待しています。

ある受講生は「家業を継いでほしいという親の期待に応えたい一方、自分の興味や関心は他にもたくさんある。この授業では同じような境遇の仲間と出会え、そんな悩みも共有しながら、将来のことを真剣に考える機会となっている」と話します。

関西学院大学のユニークな授業紹介として、「K.G.ジャーナル(71日発行号)」で詳しくレポートしますので、ぜひ楽しみにしていてください。

2012年4月25日水曜日

KG World Citizensを動画で紹介

動画撮影の様子
関学広報室では、今年度より、公式ホームページ上で「インタビュー動画 KG World Citizens」を公開しています。このコンテンツでは、関学の在学生や教職員、留学生らのインタビューを動画にまとめ、掲載しています。動画を通して、より関学を身近に感じてもらい、その魅力を伝えるのが狙いです。

関学創立125周年に向けて、125人分の動画インタビューを掲載していく予定で、本日は、西宮上ケ原キャンパスで体育会の学生と留学生の計3人の学生さんに協力いただき、インタビュー動画を収録しました。

インタビューでは、大学での学びや課外活動、将来の夢など、それぞれの思いを聞きました。学生さんたちは、初めは緊張していましたが、徐々に撮影にも慣れ、魅力的なインタビューとなりました。

本日収録分は、近日中に公開予定です。お楽しみに!(いの)

★「インタビュー動画 KG World Citizens」⇒http://www.kwansei.ac.jp/movie/index.html

2012年4月23日月曜日

取材の立会い


長田教授の撮影風景

4月22日の読売新聞朝刊の「大学」コーナーに関西学院大学が紹介されています。紙面には、社会学部・鈴木謙介准教授と理工学部・長田典子教授の研究内容が掲載されています。
このような新聞社の取材に立ち会うことも広報室の仕事の一つです。
私は長田教授の取材に立ち会いました。取材では、最初に写真撮影をしました。カメラマンは、「先生、目線はこっちにー」や「はい、いいですよー」と元気の良い声を出しながら様々なアングルやパターンで先生を撮影していました。長田教授はカメラマンのハツラツとした指示に従い、笑顔で応じていました。周囲の学生たちも撮影による緊張感は微塵もなく、終始和んでいました。
撮り終えた写真を見せていただくと一枚の写真の中には、長田教授の姿と研究内容が分かるような風景がばっちりと写っていてとても良い写真でした。その後の取材も無事に終わりました。
取材の立ち会いを通して、私はカメラマンのプロ意識に感動し、このカメラマンのように常にベストを追い求めていこうと感じました。今後も広報の裏話などを発信していきます。(MATSUHIRO


2012年4月20日金曜日

こころの桜

学園花通りのソメイヨシノはすっかり葉桜となりましたが、西宮上ケ原キャンパス内の枝垂桜は今日も雨の中、まだまだ美しい花を咲かせています。

関西学院大学公式Facebookに、桜が満開になる少し前から学園花通りの桜並木の写真を掲載させていただきました。同窓の皆さまから「懐かしい」「30年前から変わっていない」といったコメントをいただき、皆さまの学生時代の思い出の風景として、学園花通りの桜並木が鮮やかに刻まれていることを強く感じました。

昨日の夜、東京電力福島第一原発の事故の影響で、町の全域が警戒区域に指定されている福島県富岡町の夜の森(よのもり)地区の桜並木が満開となったニュースが放送されていました。震災以前は毎年10万人以上の観光客が訪れていたそうですが、昨日の映像ではどこまでも続いているように見える桜のトンネルの下に、白い防護服を着た人が数人歩いていただけで、胸がしめつけられる思いがしました。

17年前の阪神・淡路大震災後の初めての春、変わり果てた神戸の街で変わらずに満開の花を咲かせた桜の木に私は力をもらいました。東日本大震災で被災され、現在も大変な生活を送られている方々にとって、この春に目にされた美しい桜や、こころに刻まれた思い出の桜が力となり、励ましとなることを願ってやみません。(ジョルジュ)

2012年4月19日木曜日

しぼり出す言葉

 超一流アスリートがしぼり出すひとことは、常人にはかり知れない深さをもつ。
 96年のアトランタ五輪で2大会連続メダルを獲得したマラソンの有森裕子は、けがから復活した勝利に「自分で自分をほめたい」と言って、泣いた。

 水泳の北島康介は4大会連続の五輪出場を決めてロンドンに行く。これだけでも超人に違いないが、北島の言葉がもっといい。

 「自分でもさすがと思う」・・・だって。

 このひとことをさらりと言える人が日本に何人いるだろうか。
 アテネで金メダルを取ったときは「チョー気持ちいい」、北京の金では「何も言えねえ」と言って、わたしたちに感動をくれた。
 
大リーグのダルビッシュはほろ苦い勝利に満足せず、ファンのスタンディング・オベーションに下を向いた。対戦したイチローは「彼のプライドが自分を許せなかったのだろう」と感心した。
ふがいない自分を許せない闘魂がある限り、ダルビッシュはきっと立ち直るとわたしは思う。

 遠い昔、高校の担任がクラスで「お前たちは死んでも長島にはなれないが、努力すれば東大生ぐらいにはなれる」と言って笑わせた。ロンドンまであと100日。天才アスリートだけが言えるひとことを楽しみにしている。(の)

2012年4月17日火曜日

満足するのではなく

マネジメントを扱ったある雑誌に、「幸福の心理学」というレポートが掲載されていました。それによれば、メンバーが組織に満足している場合は怠慢につながりやすいそうですが、幸福を感じている場合は、新たな挑戦につながることが多いそうです。

例えば、与えられた環境を不本意に感じたときに、受身のまま、環境に対して不満を持ち続けるのではなく、自ら能動的に環境へ働きかけていく力の源が、その幸福感ではないかと思いました。

さらにそのレポートでは、幸福感はその強度よりも頻度が決め手で、些細なことに幸福を感じる習慣が大切と結論付けられていました。

その習慣は、
     適度な運動と十分な睡眠 
     利他主義(私たちのスクールモットーにつながりそうです!)
     人脈を広げ、週に2回、感謝した3つの出来事を書き出し、誰かに話す

以上の3つだそうです。
参考にしたいレポートだと思いました。(グルーシェンカ)

2012年4月14日土曜日

甲東園から階段坂を上がる

 甲東園駅から西宮上ケ原キャンパスに向かうには、学園花通りまで続くゆるやかとは言えない坂道と、一気に山を上がる階段坂がある。
 階段坂を上がり切った所から振り返ると、写真のように西宮市街を見渡すことができる。

 階段坂を上がれば息が上がるが、毎日歩けば徐々に身体が慣れて苦ではなくなる。途中で休憩しなければならないときは体調が狂っている時だ。階段が体調管理のバロメーター。さぁ、今日も上がろう!(しろくま)

2012年4月11日水曜日

雨桜

せっかく咲いていた桜が雨で散ってしまうかもしれません。切ない思いがする一方、雨にぬれた桜は何かを訴えているかのように感じます。
晴天の中咲き誇る桜も美しく、激しい雨の中じっと耐えている桜もまた美しい・・・。

2012年4月10日火曜日

関学前のチョコレート店

今日は関学前にオープンしたチョコレート店「デリス モア」を取材しにいきました。店長は関学商学部の卒業生。大学を卒業後、神戸の製菓会社で約6年間、商品開発に携わり、今春長年の夢だった独立を果たし、チョコレート店をオープンしました。
 チョコレートの製造から販売までたった一人でお店を切り盛りしている姿に、同世代の私もいい刺激を受けました。そして店内にはいろとりどりのチョコレートやマカロンがあり、見ているだけで幸せな気分に。もちろん食べたらもっと幸せな気分になりました。
関学に来られる際はぜひお店をのぞいてみてください。

5月15日に発行される関学ジャーナルの「ひと」のコーナーで記事を掲載予定しますので、楽しみにしていてください。(いの)


2012年4月6日金曜日

社会人1年目

神戸三田キャンパスにて
 こんにちは。本日からブログを書きます広報室新人職員のMATSUHIROです。よろしくお願いします。

 今日は働き始めて5日目です。たった5日ですが大学の入学式、共学で初の中学部入学式のメディア対応、K.G.ジャーナルの記事、体育会ラグビー部の記者会見、新聞社の取材の立会いなど多くのことを経験しています。覚えることも多いですが、一日一日が新鮮で充実していますし、先輩にも恵まれてたくさんのことを勉強しています。
 
本日は広報室から見える新月池の景色の良さに改めて「関学のキャンパスは本当に自然がいっぱいで良い環境だな」と感じました。その後神戸三田キャンパスに行きましたがここも自然が豊かです。神戸三田キャンパス内の桜はまだまだつぼみでしたが、満開になればもっと美しい風景が見られるでしょう。今から楽しみです。
今後もたくさんのことを経験できるので先輩に負けないように頑張っていきます。これからよろしくお願いします。(MATSUHIRO

2012年4月5日木曜日

学園花通り、桜情報。

一昨日あたりから、「学園花通りの桜はどれぐらい咲いていますか?」というお問い合わせの電話を広報室までいただく回数が増えてきたこともあり、開花状況を先ほど改めて確認してきました。

本日午前11時過ぎに撮影した学園花通りの様子です。現在は一分咲きから二分咲きといったところでしょうか。
週末から週明けにかけての西宮市の天気ですが、予報を見ると今日と明日は晴れ。土曜日は降水確率40%ほどで雨が降りそうですが、日曜日は晴れ、月曜日は曇り時々晴れの予報で20℃程まで気温が上がるようです。

咲いている花もありました!
桜を見ると月並みですが、春が来たということを感じずにはいられませんし、こころも弾みます。桜の花は一斉に散ってしまうので、はかなくも感じますが、そのはかなさも桜が愛される理由のひとつです。

 願わくは 花のもとにて 春死なむ その如月の望月の頃

西行もそう詠むほど、桜を愛していました(・・・まだまだ、私は桜の下で死にたくありませんが・・・)。
満開の桜が学園花通りをピンク色に染める日は間もなくです!(ジョルジュ)

2012年4月4日水曜日

花ニ嵐ノ・・・


3日午後の入学式は台風のような激しい風雨に見舞われた。新生活のスタートに水を差された思いの人も多かったことだろう。
でも、ものは考えようだ。唐詩の「勧酒」にこんなくだりがある。

    花開けば 風雨多し
    人生 別離足る

 井伏鱒二がこれを「花ニ嵐ノタトエモアルゾ、サヨナラダケガ人生ダ」と読み替えたから別れの歌と誤解されるが、本当は出会いを喜ぶ歓迎の歌である。作者は詩の前段で、酒をなみなみとついだ大杯を友に勧める光景を詠み、後段をこの2行で結んだ。解釈するとこんな具合か。

     風雨にあって花が散る定めのように、
     人生には別離が待っている。
     だからこそ花が散らないうちに、
     別れが来ないうちに、
     友よ、大いに飲みかわそうではないか

 そう、門出の嵐は新しいスタートの象徴だ。新入生諸君は得がたいチャンスにめぐりあえたね。
 新しい友にいっぱい出会い、大いに語り、いつか振り返って、あの嵐の入学式が人生のすばらしい出発点だった、と言える日がきっと来るよ。(の)

2012年4月2日月曜日

ようこそ新入生

今日4月2日と明日3日、関西学院大学で入学式が執り行われます。例年でしたらこの時期、桜がキャンパスのあちらこちらを飾り、KGファミリーの一員となった新入生を在学生や教職員とともに歓迎します。
今年は、桜の開花は間に合いませんでしたが、KGバナーフラッグに加え、大学図書館横のスペースにモニュメントを設置して、新入生を歓迎しています。今月6日まで設置していますので、時間に余裕があるときに、ぜひ、ごらんください。(グルーシェンカ)