2011年6月3日金曜日

ランバスチャペル・ヌーンコンサート

6月2日(木)、12時50分から30分間に渡って西宮上ケ原キャンパス・ランバス記念礼拝堂で開催されたヌーンコンサートに足を運びました。
このコンサートは関西学院大学を代表する音楽団体による恒例のコンサートで、昨日は応援団総部吹奏楽部に所属する学生さんによる木管4重奏のドヴォルザーク「ユーモレスク」、クラリネット6重奏のJ.S.バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」などの演奏を聴くことができ、キャンパスの近隣にお住まいの方も多数、コンサートにいらっしゃっていました。
今後も6月7日(火)には聖歌隊、9日(木)には交響楽団弦楽アンサンブル、13日(月)にはゴスペルクワイアPower Of Voice、16日(木)にはバロックアンサンブルの皆さんの演奏を聴くことができます(開催時間は4日間とも12:50~13:20です)。
午後のひと時、ぜひ足をお運びください!(ジョルジュ)