2011年4月20日水曜日

GPA制度を意識しましょう。

 関西学院大学は2005年度入学生からGPA制度(末尾のリンクを参照)を導入しています。卒業後、成績証明書にもGPAが明記され、記録として一生ついて回るので、GPA制度について十分な理解が必要です。特に米国の大学院等に進学する際、必ずGPAを問われると考えてよいでしょう。


 履修登録科目を単位修得できなかった場合、GPは「0(ゼロ)」でカウントされ、GPAを押し下げてしまいます。履修登録をしたけれども当初予想していた科目ではなかった、もしくは単位修得は無理そうだ、という場合は思い切って登録科目を削除することができます。履修登録科目の削除期間がありますので、GPA制度を意識して利用しましょう。(しろくま)

【学部】2011年度 授業科目の履修にあたって